外壁リフォーム福岡

家の見た目を大きく変える外壁リフォームの費用の相場は100万円前後です。これはあくまで相場で、家の大きさやリフォームの内容によって、費用は大きく変わります。その為、50万円以下でリフォームが完了する事もあれば、200万円以上などとても高額になってしまう事もあります。
そんな外壁リフォームを実際に行う場合に大切なのが、仕上がりです。外壁リフォームは費用が高額になってしまう事が多い為、料金を比較検討して業者を選ぶという人もいます。ただ、外壁というのは家の見た目を良くするだけでなく、雨風から家を守る為に欠かせないものです。その為、とても料金が安くてもすぐに塗装が剥がれてしまう、ヒビができてしまうなど、仕上がりに問題があればしっかりと家を守る事ができません。その為、外壁リフォームを行う場合には、費用だけでなく仕上がりや耐久性など、これからの事をしっかりと考えておく事が大切です。料金の設定の仕方は業者によって様々で、料金と施工技術や仕上がりが比例するとは限りません。ですから、安いから悪い、高いから良いと決めつけずに、まずは相談をしてじっくりと話を聞く事がおすすめです。WEBで施工例や口コミを確認できる場合は、事前にしっかりと情報収集をしておくと良いでしょう。
外壁リフォームというのは安いものではありませんが、その仕上がりがこれから先の家の状態を大きく左右する事になります。それだけに業者選びは慎重に行う事が大切です。

外壁リフォームは雨が多い季節を避けよう!

外壁リフォームは大変時間と手間がかかります。特に、雨が降りやすい季節だと施工も大変で、工期が長期にわたってしまう場合があります。また、機材や材料などをマイホームの駐車場や庭などにおいておく時間が長くなる為、車の出し入れが大変になったり、庭の手入れなどができなくなりとても不便です。
雨が降る日が多い季節だと、家の周りに足場を組むことができません。もし雨の中足場を組もうとすると、足場が大変滑りやすくなる為、施工業者は足場を組むことを延期して、工期の開始時期の遅れに繋がります。
また、雨が降ると外壁をリフォームに最も重要な塗料に影響が出ます。外壁塗料は、壁に塗った後必ず乾燥する時間が必要です。乾燥させている途中に雨が降ると、乾燥していない部分の塗料が流れたり、水分を含んで塗料が乾きにくくなります。また、乾燥が不十分なまま仕上げ塗りがされてしまう場合があります。外壁塗料は、薄い塗膜を作って外壁を紫外線や雨水から守ってくれる役割がある為、不十分な施工にならないように、雨が多い時期は避けた方が良いです。
以上のことから、外壁リフォームに向いている時期は天候が比較的安定している春(4月から6月前半)か、秋(9月後半から11月)が良いです。春は黄砂が多くはなり少し心配ですが、徐々に気温が上昇して、塗料が乾燥しやすくなるのでオススメです。地域によって変わりますが6月の後半から梅雨入りするのでその前には駆け込みで施工注文が殺到します。なのでなるべく早く施工依頼を出すと良いです。
秋は、気候は比較的安定していますが、徐々に気温が下がっていく為、冬に入る前に施工依頼を出すと良いです。

知って安心!外壁リフォームの期間と工程を把握しよう

外壁リフォームにかかる期間は、天候や外壁の状態によって左右されますが、10日〜2週間ほどです。
基本的な流れとしては足場の設置から始まり、外壁の洗浄や飛散防止のための養生、下地調整などを行った後で、実際の塗装作業が開始され、最後に点検と後片付けをし、終了となります。
初めに行われる足場の設置は、安全に作業を進めるために必要な工程です。期間は1~2日程度であり、費用としては、面積当たりの単価と架けるのに必要な面積で変わってきますが、約10万〜20万円の間です。決して安くはない金額ですが、作業員とそして通行者が事故に遭う危険性を減らすことができます。
次に、外壁の洗浄や養生、下地調整などの塗装の前準備を行います。期間は4〜5日程です。高圧洗浄機で汚れを落とした後に乾燥させ、ヒビやサビなどを処理し、外壁以外の場所に塗料が付かないよう、保護のシートなどを張ります。
そうした作業を経て、塗装作業に入ります。期間は約3〜6日です。大まかに、塗料を定着させるために下塗り、次に中塗り、乾いたら色付けと保護のための上塗りが行われます。
そして最後に、塗り残しや必要に応じて手直しなどの点検を行い、シートの除去・足場の解体などの後片付けをします。期間は1〜2日かかることもあります。
契約時などに施工期間を確認し、工程表を作成してもらえる業者ならばそれを受け取り、しっかりと期間と工程を把握しましょう。進み具合を把握しておけば、施工の状況を知ることができ、自分の要望通りに進んでいるかのチェックも行えます。
また事前に近隣への挨拶回りもしましょう。業者側で行っているところもありますが、近隣トラブルを防止するためにも、時期や日数、注意点を伝えておきましょう。

補助金の基本を知っておこう

外壁リフォームは、一般的にお金がかかります。住宅全体をリフォームする場合には、安い塗料を塗ったとしても60万円ぐらいはかかります。平気的には90万円ぐらいになります。もし、外壁リフォームでサイディング全体を張り替えると200万円前後のお金はかかるでしょう。
外壁リフォームは、15年から20年に一度のこととはいえ、大きな負担になることは間違いありません。
そこで、補助金を利用して安く済ませる方法があります。補助金は、国で行っているものではなく、各地方自治体によって取り決めがされていますので、自治体によりその内容は異なります。また、場合によっては期間限定で行っていることもありますので、確認しておきましょう。
外壁リフォームでも、塗装だけをした場合には、補助金の対象外であることが多いです。外壁リフォームの中でも、サイディングの張り替えや、モルタル壁の塗り替えが補助金の対象になりえます。ただ、外壁塗装だけする場合にも、例外的に断熱塗料や遮熱塗料を利用するときは、間接的に電気代の節約になることも多くなりますので補助金の対象になり易いでしょう。
補助金を申請するためには、申請書類を書かなければなりません。外壁リフォームに関して素人の人が書くのは難しいことがあります。その場合には、外壁リフォーム業者に依頼をする必要があるでしょう。外壁リフォーム業者の中にも、補助金に対して無関心のところもありますので、補助金の申請に強い業者を選ぶべきです。

着せ替え気分でリフォーム!サイディングの特徴について

建物の外壁は常に外気に晒されるので年月の経過に伴う劣化が生じやすい問題があります。特に住宅物件はコンクリートと比べて耐久性が低い木造モルタルが多いことから、外壁の劣化は耐久性の著しい低下に繋がり重大な事故が生じる危険があります。また、傷んだ外壁は色落ちやひび割れなどによって見栄えが悪くなることから、速やかな外壁リフォームが必要です。一般的なリフォーム工事は壁面の塗装やひびが生じた部分に補修材を埋め込むなど、手間がかかる工程があるので時間がかかる欠点がありますが、サイディングを使うことで作業時間の大幅な短縮が可能になります。
サイディングは建物の壁面に張り付けて固定することで外壁を日光や風雨から遮断する効果があります。また、表面に木目やブロックなどの模様が加工されている物が多いので建物の外観を大きく変えることも可能です。一般的なリフォーム工事と比べて作業時間が短く、建物の耐久性が向上するのがサイディングを使う大きなメリットです。また、サイディングは傷みが生じた部分だけを交換することで不具合が解消出来ることから外壁リフォーム工事の簡略化にも繋がります。その一方でサイディングを使う際は建物の寸法に合わせる必要があるので、わずかなすき間やズレが生じないように丁寧な作業を行う必要があります。また、建物のデザインによってはサイディングが使えないケースもあるため、外壁リフォーム工事を行う際は事前の確認が不可欠です。